ひとつに留まれない私の日々やフラワーエッセンスのこと


by drop-flower
もう一つのブログ『Grace!!!』をクローズしました。
今まで読んで下さり、本当にありがとうございました。
去年一番忙しかった夏以来、更新をしていませんでした。ブログを分けて更新することに負担を感じておりましたので、そちらの方はクローズすることにしました。
コメントを寄せて下さった方々、本当に申し訳ありません(自分のローカルには保存しました~)。
日記の内容は、カテゴリの「ファッションあれこれ」に統合させて頂きました。
[PR]
# by drop-flower | 2008-03-09 01:49 | お知らせ

三位一体

ここでいう『三位一体』とは、肉体・精神(心)・魂のことで、どれが欠けても不調和が起こると思うのです。全てのレベルが調和したときに、深い理解や癒しというのが起こるというのは、やはり一つの真実だと感じております。

長い間、心にばかり焦点を合わせてきて、どこか抜け出せない感を抱くことがしばしありました。心に焦点を当てること自体を否定するわけではありませんが、現在、肉体にも焦点を当て始めて気づいたことは、なんと私は肉体面を切り離しすぎていたのかということです。
心からのアプローチで、深い癒しや理解を得られたことは事実ですが、肉体も大切にケアしていくことに、今はバランスの良さを感じます。

肉体面の栄養ばかりを取っていても、心と魂の栄養がなければ、病気になります。心は元気だけれど、食事からの栄養を取っていない人は、やはりどこかでその影響は感じさせます。ただ、心や魂というのは非常に大きな影響力があり、心の持ち方ひとつで治癒した例は、世界でも数多く報告されていますので、先に述べたようには一概には言えないということは、頭に入れておいた方がいいでしょう。


今更、何を言っているのかと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、理解を得た私の大きな一つのプロセスへの第一歩は、やはり大切にしたいので、書いてみました。
[PR]
# by drop-flower | 2008-03-05 00:45 | 日々徒然

民間療法

母が民間療法の信奉者であったためか、その血が私にも自然に受継がれたように感じる今日この頃です。

咳がでれば、大根おろしとはちみつをお湯で溶いたものを飲まされ、熱が出れば、ねぎ、しょうがとにんにくをおろして、煮込むことをしないお味噌汁、口内炎にははちみつ、喉が痛ければ、ねぎを首にまいたりと、小さいころは民間療法で育った気がします。
今思えば、一番すごかったのは、軽い捻挫に山芋の湿布ですが(笑)蜂に刺されて、しそで消毒されたこともあります!!

今は薬も使いますが、ちょっとしたことでは、やはり民間療法での方法が自然と心に浮かんできます。それは、きっと育った環境に起因しているのでしょうね。本当に両親からのギフトだなあと感じられずにはいられません。

f0017368_1304489.jpg今回、主人の咳がとまらず、大根あめを作りました。大根をはちみつに漬けておくのですが、大根ってこんなに水分を含んでいたのかと、驚かされます。小さいとき、大根おろしにはちみつが本当に嫌いだったのですが、この大根あめはおいしいかな。


自然の力で治すという民間療法は、薬よりもまず手間がかかります!!実践されている方には、理解して頂けると思いますが、山芋の湿布を考えてもみてください。湿布にするには、かなりの量をすらなくてはなりません。ねぎ湯とて、普通のお味噌汁を作る作業と大差ありません。
その手間に込められた愛情もまた、民間療法のエネルギーなのだと思います。

けれど、あまりにもひどい場合は、お医者さまに診てもらってくださいね!!
[PR]
# by drop-flower | 2008-03-03 01:37 | 日々徒然

リセット

何ヶ月も更新していないにも関わらず、見に来てくださった方たちがいらっしゃって、心より感謝すると同時に本当に申し訳ありませんでした。。。

この場では、詳しいことは避けさせて頂かなくてなりませんが、公私共に変容の波が押し寄せてきて、ハードですっきりしない日々が多々ありました。


本日、友人より紹介いただいたセラピストさんのところへ行きましたら、やはり重いと言われました。お話していく中で、心の奥深いところで感じていたことと、理論的に考えていたことに矛盾が生じていたことを認めざるを得なくなりましたが、矛盾が明らかになっただけでも軽くなりました。
自らの真実から沸き起こった思いというのは、掻き消そうと思いましても、そうはいかないものですね。

今回のセッションで、一旦リセットする、ことがキーワードとして出てきており、ただいまリセット作業に入っております。
リセットとは言っても、何かを壊してリセットするというよりは、今回は流してリセットするという類のリセットです。

トランジットの冥王星がネイタルチャートの星たちとアスペクトを創りだしてゆく中、土星が乙女座にあり、太陽が乙女座にありますので、変容はまだまだやってきそうです。


リセットすることによって、やっとブログが再開できました。
なのですが、しばらくはコメントは控えさせて頂きます。
[PR]
# by drop-flower | 2008-03-01 01:28 | 日々徒然

チャクラを癒す

時折ヒーリングプロセスにおいて、言葉にするととても簡単なことと感じはするものの、実際どうすればいいのか八方塞になることがあります。例えば、『自分を愛する』、『許し』、『グラウンディングする』、『自分の価値で行動する』など。そのようなときに、アプローチ方法の一つとして、チャクラに焦点を当ててみる方法があります。チャクラヒーリングで、とても気に入っている本がありますので、ご紹介いたします。

f0017368_236192.jpg魂からの癒し チャクラ・ヒーリング
ブレンダ・デーヴィス著

各チャクラの性質(調和が取れている状態と不調和が起こっている状態)や数種類のワーク方法など、一つ一つのチャクラに対する記述がとても充実しています。ものごとを順序立てた理解しやすい文章構成も素晴らしいですし、またとてもリアル感のある本です。



f0017368_23214073.jpgYogaではじめる瞑想入門
綿本彰著

ヨガと瞑想に関する本ではありますが、こちらは各チャクラごとに章が分かれています。それぞれのチャクラの性質はもちろんのこと、チャクラを調整するヨガも説明されています。こちらは、精神や心を意志でコントロールしようとしても上手くいかないのなら、肉体から調整していくことに触れられています。また、各チャクラのイメージを沸き起こす素敵な写真がそれぞれ2枚載っているのですが、こちらの写真がとても素晴らしく、チャクラの感覚(性質的な感覚)を掴む手助けをしてくれます。


肉体だけ、心だけ、といった片方だけのアプローチはやはり私にはあまり向かず、両側面から整えていくといった方法の方が、私の心と身体の両方ともが理解をし、また感覚も掴みやすい模様です。
[PR]
# by drop-flower | 2007-11-18 23:33 | Books/Cards