「ほっ」と。キャンペーン

ひとつに留まれない私の日々やフラワーエッセンスのこと


by drop-flower

<   2007年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

にんじん

f0017368_184941.jpg子供のようですが、にんじんが嫌いです(笑)けれども、おいしいにんじんは好きです。以前、実家の近所の方から無農薬で栽培したにんじんを頂いたことがあります。にんじん嫌いな私は、無農薬にんじんはおいしいのだろうかと、好奇心に駆られて生のにんじんをかじってみたことがあります。そのときの感想は、「これはにんじん?あま~い!!!フルーツみたい!!!」。こんなにもにんじんがおいしいものだということは、30年生きてきて初めての体験でした。それからフルーティにんじんを探し求めてきましたが、未だ巡り会えておりません。どんなに無農薬、有機栽培で育てられたものでも、あの時のフルーティなお味とは比べ物になりません。

近所に自然食品を扱うお店ができ、またまたにんじんにトライ。生で食べてみましたら、やはり顔が歪んでしまいました(苦笑)しかし、後味があのときフルーティさにとても近いものがあり、これは調理方法によっては、おいしくなるかも、と思い、少々手を加えて作ってみました。スライスしたにんじんに干しぶどうを加え、オリーブオイルとレモン汁を混ぜ合わせます。ものすごくシンプルですが、こちらは大正解!!レモン汁が良かったのでしょうか、にんじんの臭みが消えてしまい、干しぶどうの甘さも手伝って、とってもおいしいにんじんサラダができあがりました。
このレシピ、にんじんが苦手な方でも、もしかしたら大丈夫だと思いますので、どうぞお試しください!!!しかし、信用のおけるお店で扱っている無農薬や有機栽培ものに限りますけどね。
[PR]
by drop-flower | 2007-06-27 01:19 | I love food!!

『楽庵』にて

f0017368_21523876.jpg
中学生の頃からの親友USHIOが絵の個展を開くというので、清澄白河まで友人を誘って行ってまいりました。アースディ2004のメインポスターを手がけておりましたので、知っているという方もいらっしゃるかと思います。
今回は、書家の西嶋香泉先生とのコラボレーション展で、彼女の絵に文字が入るというまた新しい視点で楽しませてもらいました。
USHIOの絵は、とても暖かくユニークで、おとぎ話の世界のようで、でもどのおとぎ話にもマッチしない、とても不思議な世界が描き出されているように感じます。占星術のネイタルチャートにおいて、風のエレメントが優勢で思考(精神)が活発すぎる私ですが、彼女の絵を見ると、まず感情が反応するという、私にとってはとても感じる絵なのです。あまり絵に興味を示すことはないのですが、彼女の独特の暖かみのある絵は魅了される数少ない絵たちばかりです。

西嶋先生の名前の書き方ワークショップが開催されており、こちらもまたとても楽しい時間でした。字に自信は全くありませんが、自分の名前が少しでもきれいに書けるというのは、なにか清々しい気分になれますね。

奥のカウンターでは、中国茶を頂けるスペースがあり、初めてちゃんとした形で中国茶を頂きましたが、自分のペースでお茶を楽しめる時間が大いに気に入りました。とても素敵な空間でしたので、ご興味のある方はぜひ足を運んでみてください。7/2までやっています。


『書家・西嶋香泉+USHIO コラボレーション展「書描」』
詳細は楽庵のHP、またはUSHIOのHPをご覧ください。
[PR]
by drop-flower | 2007-06-17 22:43 | 日々徒然

フレンチサマーティー

家の紅茶がなくなりそうでしたので、マリアージュフレールへ。お店でまず目を奪われたのは、ガラスのショーケースに入った色とりどりの大きなフラスコ瓶!!あまりの美しさに、それが商品だとは全く思いませんでした。
f0017368_22393980.jpg
こちらは毎年夏になると販売されるフレンチサマーティーのシリーズだそうです。愛飲中のアールグレイを買うつもりが、瓶欲しさに全ての香りをかぎ、その中でカサブランカという名前のお茶がとても好みでしたので買ってしまいました。
こちらはモロッコミントの緑茶とベルガモットの紅茶で、味も香りから想像していた通りで、優しくて爽やかな味です。ミントティーは大好きなのですが、中々心掴まれるものが少なく、こちらは久しぶりに出会ったと感激したお味です。モロッコミントがどのようなものか分からないのですが、ペパーミントとスペアミントを混ぜ合わせたような感じがします。
フラスコ瓶の色にばかりに気を取られていて、帰ってきてよく見てみましたら、ラベルも異国情緒あふれていて、またまた心奪われてしまいました。
[PR]
by drop-flower | 2007-06-14 22:40 | I love food!!

2個目のルクルーゼ

f0017368_216576.jpg初めてルクルーゼのお鍋が我が家にやってきてから1年、その使い心地に心底惚れ、先日2個目を購入いたしました。
DUNEというクリームがかった色は日本未発売で、欲しいと思っても中々手に入れることができなかったのですが、今年の春の限定色がDUNE。この色が手に入らなければ、ホワイトでいいかなとぐずぐず悩んでいた甲斐もあり、念願のDUNEを手に入れることができました。サイズもどうしようかと悩みに悩んだ末、主人の一言で20cmのココットロンドを買いました。
ルクルーゼの鍋がやってきてから、ご飯はもっぱらルクルーゼで炊くようになっていたのですが、そうすると、ご飯炊きにお鍋が占領されて他のものが作れない、でも作りたいと頭を使いながらお料理をする日々でした。これでやっとご飯を炊いても、もう一つで何かが作れるようになり、どうしようと悩むこともなくなりました。そして以前購入したお鍋は、22cmのココットロンドで、少ない量で作るときには大きすぎたということもあり、一人ご飯のときは購入した20cmが重宝しております!!
[PR]
by drop-flower | 2007-06-11 02:16 | 愛すべき物たち
最近、雑誌などでよく目にするようになったLoomstateのデニム。実はこのデニム、オーガニックコットンで作られているそうです。つい数年前までは、オーガニックコットンの洋服は種類が少なく、着れそうなものと言えば、シンプルなTシャツやキャミソールくらいでしたが、ついにデニムまで!!
嬉しいと感じる反面、環境問題は世界的に見てみぬふりができない状況になってきた証拠でもあると思います。

このデニム、どこで売っているだろうとネットで調べていたら、よく行くショップに置いてあるではないですか!?しかし、一度として目にしたことがなく、よくよく考えてみたら、デニムをほとんどはかなくなっていたので、ショップへ行っても素通りしていたのです。とても興味深いので、次行った際には探してみようかと思っています。


生産者にも消費者にも、そして地球にも優しいオーガニックコットンの洋服は、本当に増えてきていて、デザイン性も高くなってきています。まだまだ市場の普及率は低いとは言え、数年前のことを考えれば、消費者側の選択肢が大幅に増えたことは間違いありません。この先、今以上にオーガニックコットンの洋服が増えたとき、もしかしたら私たちに問われるのは、どちらを選ぶかということになるかもしれないなあと思うのでした。


このブログに足を運んでくださる方はご存知かもしれませんが、フェアトレードを行うピープルツリーのオーガニックコットンの洋服はお薦めですよ。
[PR]
by drop-flower | 2007-06-07 01:34 | ファッションあれこれ
もう一つのブログに更新しました。
[PR]
by drop-flower | 2007-06-07 00:47 | お知らせ