ひとつに留まれない私の日々やフラワーエッセンスのこと


by drop-flower

<   2006年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

シェパーズパイ

久々に食卓の話題を。。。

最近の愛読書と化しております『エル・ア・ターブル』に、シェパーズパイなるものが載っておりました。
以前『森瑤子の料理手帖』という本をこちらで紹介させて頂きましたけれど、イギリス人の夫をもつ森瑤子さんの得意料理としても、このシェパーズパイが紹介されておりました。

2度も目にしましたし、とても印象深いものがありましたので、早速我が家でも挑戦してみました。
本来ならラム肉を使用するのですが(シェパーズというほどですからね)、私がラム肉が苦手でして、牛肉で代用しました。
牛ひき肉、たまねぎ、トマトを塩・こしょうで炒め、お皿に敷き詰めた上にマッシュポテトをのせてオーブンで焼くだけという、とても簡単な西洋の家庭料理です。
我が家では、パイ生地が残っておりましたので、パイ生地を敷いて作ってみました。
f0017368_1704690.jpg
塩・こしょうだけでは物足りなく、トマトケチャップをかけて食べてみましたけれど、とても美味しく頂けました。
とてもシンプルなお料理なのですが、家庭料理と言うだけありまして、暖かい雰囲気を備えた一品でした。

この日は朝からお料理三昧で、パンも一緒に焼き、簡単ポトフ風スープに、白カビチーズ、主人は白ワイン、私は梅はちみつジュースで、お互いに美味しいものを満喫した一時でした。
f0017368_16564669.jpg




人気blogランキング
お気に召したらで構いませんので、クリックして下さったら嬉しいです☆
[PR]
by drop-flower | 2006-10-21 17:01 | I love food!!

親業

以前働いていた会社の仲の良い友人と話をしていた時に、私なら興味があるのではと『親業』というコミュニケーション法を紹介してくれました。
文字通り『親業』とは、親と子の関係におけるものではありますけれど、普段の人間関係におきましても役立つコミュニケーション法だと感じております。

『親業』を詳しく説明はできないのですけれど、大まかに言いますと、

お互いの意見の主張をしつつも、お互いの意見を聞き、そこから解決方法を考え出してゆく

コミュニケーション方法です。

紹介してくれた友人は講座に通ったことはなくとも、親業というコミュニケーション法を知っているだけで、子育てが楽になると言っておりました。
子供が言うことを聞いてくれるとのことでしたが、それは子供自身が納得して親の言うことを聞くのであって、決して抑え付けられてのことではないそうです。
子供がどこかにぶつけて泣き叫んでいるような場合でさえ、親業で子供に話しかけると泣き止むと言っておりました。


友人に紹介された頃、母方のいとこが子育てに悩んでおり、親業を紹介しましたところ、今では親業インストラクターとして活動するまでになりました。
10月31日から第1回目の講座(川崎市宮前区)が始まりますので、ご興味のある方はぜひ参加なさってみて下さい。
詳細は
コミュニケーションブリッジ(親業でハッピーコミュニケーション)
をご参照下さい。

いとこが親業などについて公開しているブログ(親業でハッピー子育て)もご覧下さい。


* * * * *


紹介したいとこは、物心つく前から何故か「お姉ちゃん」と呼んでいたほど、姉のような存在でして、彼女の子供たちは本当の甥っ子たちのように思っております。
ブログではその子供たちの様子が書かれており、私としては読んでは顔がほころぶばかりです。

余談になりますけれど、少し「おばばか」を披露させて下さい(笑)

先日、誕生日の次の日にいとこの家へ遊びに行きまして、誕生日パーティをしてもらいました。
長男は小学2年生、その長男からの思わぬプレゼントはビーズのアクセサリー!!!
f0017368_23411588.jpg
ビーズの数を数えながら一生懸命作ってくれたそうで、とても小学生とは思えぬ出来栄えです!!!
下の子は4歳で、もう字が読めるほどでして、絵本を2冊も読んでくれました。
少し恥ずかしがっておりましたが、抑揚までつけてスラスラと読んでおりました。
(後から色々な方に聞きましたら、4歳でそこまで読めるのはやはり凄いと言って頂きました♪)
そして読み終わりましたら
「マリマリと一緒にねる~」
と、まぁかわいい事を言ってくれまして、下の子には初の添い寝を体験させてもらいました。(上の子とは何度もありましたので)


* * * * *


本当に余談となってしまいましたけれど、親業で接していく内に子供たちも自然と変わっていったといとこも言っておりましたので、もしご興味があればぜひ!!!!



人気blogランキング
お気に召したらで構いませんので、クリックして下さったら嬉しいです☆
[PR]
by drop-flower | 2006-10-08 23:52 | 日々徒然

プロの力を借りる

どんな物事においてもそうですけれど、一人ではどうにもならない事というものがあると思います。
そのような時は、一人で悶々とせず、その道のプロの方の力を貸して頂くのがいいのではないかと思っております。

これは心の問題もそうですし、小さな物事も然りです。
お料理の献立に悩んだとき、色々な方のレシピを真似るのと一緒です。

現在の自分が持つキャパシティの限界に達し、八方が塞がっていますと、何をどうしていいのか分からなくなってしまい、その内どうでもよくなってしまうこともあるかと思います。
私の場合だけかもしれませんけれど。。。

それでもなお「良くしたい」と願うのでありましたら、やはりプロの方のお力を借りるのが一番早い方法であると思います。
その道のプロの方の書籍も多く出版されておりますし、ワークショップを開催されていることもあります。
まずは真似るところから始め、試してみて失敗したらまた試して、を繰り返す内に自らのオリジナリティが生み出され、いつしか「良くしたい」と願ったものを手にすることができるのではないかと感じます。


何故この事を書こうと思いましたのは、前回の記事でも触れましたけれど、父がどうにもできない状態でありました為、そのような時には

「何のためにその道のプロが存在するのか。どうにもできないのならプロに力を貸してもらった方がいい」

ということを伝えたことがきっかけであります。

心の問題に関しましては、本を読んだり真似ただけでは解決の糸口が中々見つけにくい場合があるのも事実です。
ですからDrop of Flowerへ、といった宣伝では全くございませんが(笑)、一人で限界を感じているときは、無理をせずにプロフェッショナルという存在の力に頼ってみることも、時には必要なのだと感じております。



人気blogランキング
お気に召したらで構いませんので、クリックして下さったら嬉しいです☆
[PR]
by drop-flower | 2006-10-01 04:40 | 日々徒然