ひとつに留まれない私の日々やフラワーエッセンスのこと


by drop-flower

カテゴリ:日々徒然( 44 )

プロの力を借りる

どんな物事においてもそうですけれど、一人ではどうにもならない事というものがあると思います。
そのような時は、一人で悶々とせず、その道のプロの方の力を貸して頂くのがいいのではないかと思っております。

これは心の問題もそうですし、小さな物事も然りです。
お料理の献立に悩んだとき、色々な方のレシピを真似るのと一緒です。

現在の自分が持つキャパシティの限界に達し、八方が塞がっていますと、何をどうしていいのか分からなくなってしまい、その内どうでもよくなってしまうこともあるかと思います。
私の場合だけかもしれませんけれど。。。

それでもなお「良くしたい」と願うのでありましたら、やはりプロの方のお力を借りるのが一番早い方法であると思います。
その道のプロの方の書籍も多く出版されておりますし、ワークショップを開催されていることもあります。
まずは真似るところから始め、試してみて失敗したらまた試して、を繰り返す内に自らのオリジナリティが生み出され、いつしか「良くしたい」と願ったものを手にすることができるのではないかと感じます。


何故この事を書こうと思いましたのは、前回の記事でも触れましたけれど、父がどうにもできない状態でありました為、そのような時には

「何のためにその道のプロが存在するのか。どうにもできないのならプロに力を貸してもらった方がいい」

ということを伝えたことがきっかけであります。

心の問題に関しましては、本を読んだり真似ただけでは解決の糸口が中々見つけにくい場合があるのも事実です。
ですからDrop of Flowerへ、といった宣伝では全くございませんが(笑)、一人で限界を感じているときは、無理をせずにプロフェッショナルという存在の力に頼ってみることも、時には必要なのだと感じております。



人気blogランキング
お気に召したらで構いませんので、クリックして下さったら嬉しいです☆
[PR]
by drop-flower | 2006-10-01 04:40 | 日々徒然

哀しみの共有

だいぶ更新が滞っておりました。

誕生日1ヶ月前というのは、エネルギーがダウンすると以前教えて頂いたのですが(理由は分かりませんが)、やはり今年も相当のエネルギーダウンでして、心身共にしんどい毎日を送っておりました。
丁度、誕生日が満月だったのですけれど、その日の満月は、心と身体の両方へと大きな影響を受けておりました。

やっと少しづつ抜けて参りましたので、また自分のペースで更新していきたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願い致します。


* * * * *


この一月あまり様々なことが起こっておりましたが、その一つをお話したいと思います。

先日実家へ帰りましたところ、父が弟(まだ21です!!!)の素行について悩んでおり、もうこれ以上めんどうをみていくのは耐えられないという状態にありました。
丁度家に弟がおりましたので、3人で話合いをすることに致しました。

その話し合いの内容はここでは割愛させて頂きますが、弟がどうにもならない辛さを抱えていることを吐き出していった時に、やはりそこで母の死へと話が展開していきました。

母が他界した後に母の死について3人で話したのは、記憶にある限りでは、これが初めてだったと思います。

どれだけ辛かったか、弟と私が泣きながら話している中、やっと父が

『お父さんも辛かった』

と初めて辛さを子供たちに打ち明けてくれました。
母の死後、涙を見せなかった父でしたので、何故悲しまないのか不信感を抱いたこともありました。
けれども6年半を経て、悲しいけれども子供たちの前ではしっかりしていなくてはいけない、と思っていた父の心情を知ることができ、今までの不信感が家族という間に横たわる安心感へと変わっていきました。

家族という濃い血の繋がりにおいて、家族の死というものは、辛さや哀しみを口に出すことさえすぐにはできるものではありません。
共通の哀しみを持つ者同士が、共通の哀しみを表に出してしまいましたら、その哀しみは倍増され、結局心の収集がつかなくなってしまうように感じております。
ですから、ある程度の時を経なければ、口に出して語るということは、大変な労力を要するもだと思います。
私たち家族は6年半という時間がかかりましたけれども、それでも各々の口から語られた想いは、母の死後、ばらばらとなってしまっていた家族の繋がりがまた結ばれたように感じられました。

家族間において、哀しみの共有ができるまでは、時間を要するかと思いますけれど、家族のそれぞれがそれぞれに愛情を感じていれば、きっとその時は訪れるように思います。
私たち家族もやっと母の死に対して一歩を踏み出せたばかりですのでね。



人気blogランキング
お気に召したらで構いませんので、クリックして下さったら嬉しいです☆
[PR]
by drop-flower | 2006-09-21 01:16 | 日々徒然

お盆のできごと

暑い日が続きますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?
夏が一番好きな私ではあるのですけれど、どうにも体がついてゆけずバテております。。。


* * * * *


お盆のせいでしょうか、ふと思い立ち、母方の武士であったご先祖さまのことを少し調べてみました。
そうしましたら、そのご先祖さまが詠った和歌を発見致しました。
今までそのようなものを知らずしてきておりましたが、ご先祖さまが詠われた歌が100年以上の時を経て、お盆のこの時期に私のところへ届きましたことは、何とも不思議なことと感じます。


その方が詠った歌は何首か紹介されておりましたが、その内の一首にこのようなものがありました。
玉の緒の たゆともよしや 君々の かげの守りと ならんと思へば

最期は切腹をしてこの世を発たれたのですが、亡くなる一月前に「心にて世を辞して」詠まれたものだそうです。


たとえ命が消えようとも、この私が影となりあなたたちを見守ってゆけると思えば(命絶つことも哀しく(?)はない←この部分は私の勝手の解釈です)


ご先祖さまの言葉なのですけれど、どうしても他界した母がそう語りかけているようにしか思えませんでした。
愛する者を残してゆくと知りながら、それでもこの世を去らねばならない哀しみや切なさ、しかしそこに存在する確固たる強い意志の中には大きな愛情を感じずにはいられません。

母が他界してもうすぐ6年が経とうとしておりますが、時折、肉体を持った存在として私の目の前にいないことが無性に哀しく、ここ最近もそう感じることが間々あった私に対して、母が伝えたかった彼女の想いだったのでしょう。

他界してから今日まで、肉体を離れた存在であったとしても、コミュニケーションが成立つことを初めて感じたように思います。

お盆ですので、旅立った魂がとても近いところまでやってきます。
ここぞとばかりに強烈なメッセージを伝えるために帰ってきてくれるのかしら、とこれもまたお盆の大切さを初めて理解したように感じます。


* * * * *


そしてご先祖さまからの有難いお言葉は
国を想ひ 世を歎きての 真心は 天にも地にも あに恥ぢめやは

武士でしたの「国を想う」と表現なさっておりますが、私には

世を愛していても、欺いてしまう自分の本当の心は、決して誰にも(天や地に対しても)恥じることはないであろう

と心に響いて参りました。

曾祖母がこの方の家の出で、娘にその血が受け継がれていっておりますので、この方の血は私の中には微々たるものしか受け継がれていないようです。
しかし、それでもこの歌に詠まれている意志は、どんなに受継いだ血が薄かろうと、私の心の中には色濃く受継がせて頂きたいと思うのでした。


* * * * *


恥ずかしながら、和歌を詠むということを普段全くしない私でして(音の響きは大好きなのですが)、現代語訳に誤りがあるかもしれませんが、その辺りはご了承下さい。



人気blogランキング
お気に召したらで構いませんので、クリックして下さったら嬉しいです☆
[PR]
by drop-flower | 2006-08-15 04:10 | 日々徒然

Weledaの代わりに

ドイツと聞きますと、エコロジーや自然派といったようなイメージがあります。

海外出張が多い主人で、毎回色々な土地へと飛び立っております。
そして今回はドイツ。
ドイツへの出張は今回が初めてというわけではありませんが、その土地からのお土産を頼んだことは一度もありませんでした。
しかし今回は何を思ったのか、自然化粧品メーカーのWeledaが空港内にもあるのでは?と思い、普段使っている化粧品を頼んでみました。

けれども空港内にファーマシーがなかったようで、私のお望みのものが手に入らず、それでは悪いと思ったのでしょうか(なければ仕方はないのですけどね)、代わりに金属製のショットグラスのようなものを買ってきてくれました。
f0017368_23123438.jpg
一緒に行った方が奥様のリクエストでビールジョッキーを探していると聞き、私にもそれを、などと言いましたら
「お酒を飲まない奴には必要ないだろ」
と言われてしまいましたので、そのようなものを買ってきてくれることは全く予想しておりませんでした。

サプライズなこの小さな金属製のグラス(と言うのでしょうか…)。
ファンタジックが絵柄がとても素敵で、空港のお土産用として売られていたのでしょうけれど、何故か妙に気に入ってしまいました。

「梅酒くらいならこれで飲めるだろう」
と主人は言っておりましたが、私としては、小さなグリーンを活けたり、お香などを入れて焚いたりしたら(そのような事をしていいのか分かりませんが)素敵だろうなと思っております。


そしてWeledaの代わりはもう一つ。
二人が好きなGODIVAのチョコレート。
食後に早速頂き、数日でなくなってしまいそうな雰囲気です。


人気blogランキング
お気に召したらで構いませんので、クリックして下さったら嬉しいです☆
[PR]
by drop-flower | 2006-08-01 23:36 | 日々徒然

『ゲド戦記』

待ちに待った『ゲド戦記』、公開初日に早速行って参りました。

率直な感想といたしましては、心の光と闇の統合という、ある意味とても曖昧なテーマが、曖昧ながらもよく描かれていたと思います。
私的にはそのようなところに興味を惹かれましたし、理解しにくい部分もありましたけれど、とても楽しめました。

賛否両論がある映画だそうで、一緒に行った友人も不服そうでしたが、それはご自身の目で確かめられるとよいかと思います。


* * * * *


私が「ゲド戦記」を知りましたのは、やすらぎの部屋さんのヒーリングクラスを受けていた時でして、「シャドウ」というテーマを扱ったときに教えて頂きました。
心の「影」というテーマが、物語の中で巧みに描かれていると聞き、早速購入致しました。
しかしその頃の私はと言いますと、やはり心のどこかで超常現象的な癒しを求めていた為に、中々読み進めることができずに1巻の途中で断念してしまっておりました。

その間、興味はあったものの中々手に本を取ることはしませんでした。
それが「ゲド戦記」の映画公開が発表された時には、映像ならばと思い、待ちに待って公開初日に足を運んだというわけです。
その後、また本を手に取って読んでみましたけれど、今回は兎にも角にもおもしろく、時間を忘れて読みふけっております。

この2年間で私の中でも様々な変化がありましたし、映像(視覚)効果もあって、物語の中で賢人たちが語る言葉がやっと心に響いてまいりました。


映画自体は賛否両論ありますけれど、ジブリ映画で「ゲド戦記」が公開されるということは、それだけこの物語が日本人にとって、とても身近になるというのは、やはり喜ばしいことなのではないかなという風に思っております。



人気blogランキング
お気に召したらで構いませんので、クリックして下さったら嬉しいです☆
[PR]
by drop-flower | 2006-07-31 22:59 | 日々徒然

蚊取線香

f0017368_23482641.jpg
この季節、道を歩いていますと、どこからか蚊取線香の香りがただよってくることがあります。
この懐かしいにおいが、小さい頃の夏を彷彿とさせ、一瞬ではありますけれど幸せな気分に満たされます。

毎年夏になると、母の親戚総出で海への旅行へ行っておりました。
午前中は皆で海へ行き、お昼を食べ終わった後は民宿へ戻り、それぞれ昼寝をしたり麻雀をしたり、海へまた行ったりと各々好きなことをして過ごしていました。
民宿の裏に立つ木々の間からはうるさいほどのせみの声が聞こえ、扇風機の風と蚊取り線香のにおいを感じながら、たたみの上でごろんと昼寝をしていた記憶が蘇ってまいります。
まだ母や母の兄二人、祖父、従兄の奥さん、皆がこの世にいた頃のことです。
死が身近になどなく、皆の暖かさが子供の私にはとても心地良く、私の「安全」な世界はいつもそこが源となっているような気がします。


蚊取線香の香りを我家でも漂わせたく、小さなミニ蚊取り線香を買ってきました。
タイで買ってきた象のキャンドルホルダーにぴたりとはまり、雰囲気までもがぴたりとはまっております!!
小さな頃の幸せな記憶に心満たされ、そして「安全」な世界が心に広がっていくようです。



人気blogランキング
お気に召したらで構いませんので、クリックして下さったら嬉しいです☆
[PR]
by drop-flower | 2006-07-14 00:16 | 日々徒然

ナスの収穫

f0017368_1495190.jpg

庭のナスが食べ頃の大きさになりましたので、今朝2本ほど収穫いたしましたが、農薬類を一切使っておりませんでしたので、少し虫に食われてしまっていました。
虫が苦手ですので(←クラブアップルです)生で食べるのは躊躇してしまいますが、それでもなるべく素材の味をいかした調理の仕方で今晩は頂きたいと思います!
[PR]
by drop-flower | 2006-06-20 14:09 | 日々徒然

お庭の状況

f0017368_2313419.jpg
気が付きましたら、我家のナスが実を付けておりました。
今年は日照不足で作物の育ちが悪いとニュースで読みましたので、小さなベイビーナスを目にしたときには、いつものことながら大興奮でありました。

毎年よく植物たちを枯らしており、今年こそは自分で育てたものを食べたく、地植えをしたのですけれど、地植えの凄さには日々実感しております。
特に大したお手入れもしていないのですが、ズッキーニの育ち具合にはただ驚くばかりです。
以前の日記にも植えたばかりのズッキーニを載せましたが、それと今のを比べてみますと、どれだけ育ったかの差が歴然としております。
一体どこまで伸びるのだろうと興奮を覚え、一方ではどこまで伸びてしまうのだろうと脅威を感じながら、それでも食するときのことを考えますと心は浮き立っております。
f0017368_2344221.jpg




人気blogランキング
お気に召したらで構いませんので、クリックして下さったら嬉しいです☆
[PR]
by drop-flower | 2006-06-05 23:50 | 日々徒然

発見!!!

f0017368_21513929.jpg少し前に、ブルーベリー2本(写真奥)とラズベリー(写真手前)の苗木を購入し、プランターで育てております。
植物をよく枯らしてしまうのですけれど、庭からベリーを収穫できると思うと心が浮き立ち、プランターに植え変えてからは毎日葉や土の観察を怠っておりません!!
むしろ眺めているだけで、楽しくもあります。








少し葉に活力がないなとずっと心配していたのですが、今日見てみると、一粒の実が成っているのを発見いたしました。
もともと購入した際に花が咲いておりましたので、それで実がついたようですが、たとえ一粒でもその時の嬉しさと言ったらありません。
早速カメラを持ち出し記念撮影。
この木たちいっぱいに実が成るのを夢見て、お天気を祈る毎日です。
f0017368_2253784.jpg




人気blogランキング
お気に召したらで構いませんので、クリックして下さったら嬉しいです☆
[PR]
by drop-flower | 2006-05-29 22:19 | 日々徒然

タイ気分

とてもプーケットの空気が恋しくなり、今回は怒涛の写真アップロードです。(重たくてゴメンなさい!!)
大好きなタイ料理に、まとわりつくような湿気、海に古典音楽、そしてスパ。
忘れてならないのは現地の人の優しさ。
これはプーケット(タイ)の大きな財産だと思える程です。

どうぞプーケットの空気を味わってみて下さいな。

f0017368_15104228.jpgf0017368_1511026.jpg
f0017368_1511206.jpgf0017368_15114421.jpg
f0017368_15123721.jpgf0017368_15124676.jpg
f0017368_15131147.jpgf0017368_15134257.jpg


f0017368_1527407.jpg大好きなタイ料理がいつでも食べれるようにと、コリアンダーの種を蒔いてみました。
成長が早く、上に上にと伸びております。







* * * * *

オーラソーマプロダクツ(ポマンダー・クイントエッセンス)が定価よりお安くなっております。
なくなり次第終了ですので、ご希望の方はお早めに。
詳細はこちら

* * * * *


人気blogランキング
お気に召したらで構いませんので、クリックして下さったら嬉しいです☆
[PR]
by drop-flower | 2006-05-16 15:31 | 日々徒然