ひとつに留まれない私の日々やフラワーエッセンスのこと


by drop-flower

ヨシュアツリー(FES) <母から受け継いだもの>

結婚して夫婦二人だけの生活が始まると、今まで親が選んできた食器類、調理器具から離れ、自分独自の世界をそこに創り出すことができるのは、主婦の一つの楽しみではないかと思っております。

和食器が大好きだった母でしたので、実家には和の食器であふれ返っておりましたし、一緒のお買い物の時にも、よく和食器を見て歩き回ったものです。
我が家の食事が和食中心であったこともあり、和食器は我が家の食卓によく合っておりました。
洋食器に関しては、パン皿、ケーキ皿、ティータイム用のカップ&ソーサー、ポットなど以外は殆ど記憶にありません。

結婚してからも、当然のようにその流れを次いで、和食器をメインに揃えてまいりましたが、どうもしっくりこない感覚が心の中でくすぶっておりました。
しかし、去年の暮れあたりから、和食器同士の組み合わせの難しさを感じ始め、また主人の好みに合わせて洋食よりの食事を作っていたことも一つの原因ではないかと考えるようになりました。
そして決定的な原因は、「母と私の生活スタイル・趣味の違い」に気付いたことでしょうか。

去年の後半にFESのヨシュアツリーというリサーチエッセンスをしばらく飲んでおりました。
フラワーエッセンス普及協会の会員の方は、このエッセンスが会報誌にありましたので、ご存知の方もいらっしゃると思います。

このエッセンスは、無意識の内に受け継いできた家系の様々なパターンを打ち破り、自らの道を歩んでいけるように促してくれるエッセンスです。

母をとにかく愛していた私は、何でも母の意志を受け継がなければならないと感じていたところがあり、食器類に対しても母と同じ世界を創り上げようとしていたのでしょう。

生活スタイルも趣味も異なる母の世界に私が合わなかったのは、当然のことだったと思います。

しかし、母の趣味から離れ、自分自身の趣味へと変化はしていても、母の食器、調理器具へのこだわりや愛情は受け継いでいます。
それはとてもとても心地の良いもので、母と娘のつながりを感じ、今になってやっと受け継いだことに大きな喜びを感じております。

ヨシュアツリーは、受け継がれてきたパターンと自分自身のパターンの違いを浮き彫りにさせながら、自分自身の道へと導き、また受け継いでいくものに至っては、そこに大きな喜びや愛情を見出させてくれたエッセンスでした。


私自身の世界を創り出すスタートを切ったばかりですので、ほんの少しづつですが、周りが私の色で染められていくのは、心地が良く、主婦の醍醐味を堪能しております。


それでつい最近買ったものは、野田琺瑯のホワイトシリーズ!!
また後日アップしてみたいと思います。
その他にも、ル・クルーゼかBRICOのホーロー鍋とフライパン、母のお気に入りの有次の包丁、などを只今検討中です!!
後はマグカップとチーズを盛るお皿かしら。



人気blogランキング
お気に召したらで構いませんので、クリックして下さったら嬉しいです☆
[PR]
by drop-flower | 2006-02-24 14:49 | フラワーエッセンス