ひとつに留まれない私の日々やフラワーエッセンスのこと


by drop-flower

桜の香り

牡羊座の新月に再開すると言っておりましたが、とてもとても感動して、どうしてもお伝えしたいことがありましたので、本日は更新させて頂きます。

時期的にもう遅い地域もございますし、もしかしたら私が知らなかっただけで、周知のことかもしれませんが、お話させて下さいね。


桜の花が満開になるころ、淡いピンク色のお花を愛でる楽しみは、日本人にとっては季節の移り変わりを祝福するように心が浮き立つものでしょう。しかし、その花開く桜の下で、お花の香りを楽しんだことはありますか?桜茶から薫ってくる桜の香り。聞かれれば、満開であるにも関わらず、桜の香りがしてきた記憶は一度としてありません。

桜のお花の香り。
実は、桜はお花が咲いてしまうと香りが全て飛んでしまうそうなのです。ならばいつ香るのか。
それは花開く直前のほんの短い間に香りを放ち始め、そして、その香りは、空気の澱みのない早朝でないと感じることはできないそうです。しかも、何本も何本も桜の木が植わっている場所でないと香ってはこないそうです。

桜の花が少しづつ咲き始めた東京。今ならもしかしたら間に合うかもしれません。今の私には、少々難しいのですが、いつか桜の花の香りを楽しむためだけに、旅に出たいと思わせるお話でした。


* * * * *


目黒川沿いの桜を見に行き、その時に友人が教えてくれました。聞いたときに思い浮かべた光景、空気に漂う濃密な桜の香り。思わず感嘆の声をあげてしまいました。はっきりとしない優しい香りは、きっと日本人にとっては、一番安心するかもしれませんね。
[PR]
by drop-flower | 2007-03-29 22:40 | 日々徒然