ひとつに留まれない私の日々やフラワーエッセンスのこと


by drop-flower

親業

以前働いていた会社の仲の良い友人と話をしていた時に、私なら興味があるのではと『親業』というコミュニケーション法を紹介してくれました。
文字通り『親業』とは、親と子の関係におけるものではありますけれど、普段の人間関係におきましても役立つコミュニケーション法だと感じております。

『親業』を詳しく説明はできないのですけれど、大まかに言いますと、

お互いの意見の主張をしつつも、お互いの意見を聞き、そこから解決方法を考え出してゆく

コミュニケーション方法です。

紹介してくれた友人は講座に通ったことはなくとも、親業というコミュニケーション法を知っているだけで、子育てが楽になると言っておりました。
子供が言うことを聞いてくれるとのことでしたが、それは子供自身が納得して親の言うことを聞くのであって、決して抑え付けられてのことではないそうです。
子供がどこかにぶつけて泣き叫んでいるような場合でさえ、親業で子供に話しかけると泣き止むと言っておりました。


友人に紹介された頃、母方のいとこが子育てに悩んでおり、親業を紹介しましたところ、今では親業インストラクターとして活動するまでになりました。
10月31日から第1回目の講座(川崎市宮前区)が始まりますので、ご興味のある方はぜひ参加なさってみて下さい。
詳細は
コミュニケーションブリッジ(親業でハッピーコミュニケーション)
をご参照下さい。

いとこが親業などについて公開しているブログ(親業でハッピー子育て)もご覧下さい。


* * * * *


紹介したいとこは、物心つく前から何故か「お姉ちゃん」と呼んでいたほど、姉のような存在でして、彼女の子供たちは本当の甥っ子たちのように思っております。
ブログではその子供たちの様子が書かれており、私としては読んでは顔がほころぶばかりです。

余談になりますけれど、少し「おばばか」を披露させて下さい(笑)

先日、誕生日の次の日にいとこの家へ遊びに行きまして、誕生日パーティをしてもらいました。
長男は小学2年生、その長男からの思わぬプレゼントはビーズのアクセサリー!!!
f0017368_23411588.jpg
ビーズの数を数えながら一生懸命作ってくれたそうで、とても小学生とは思えぬ出来栄えです!!!
下の子は4歳で、もう字が読めるほどでして、絵本を2冊も読んでくれました。
少し恥ずかしがっておりましたが、抑揚までつけてスラスラと読んでおりました。
(後から色々な方に聞きましたら、4歳でそこまで読めるのはやはり凄いと言って頂きました♪)
そして読み終わりましたら
「マリマリと一緒にねる~」
と、まぁかわいい事を言ってくれまして、下の子には初の添い寝を体験させてもらいました。(上の子とは何度もありましたので)


* * * * *


本当に余談となってしまいましたけれど、親業で接していく内に子供たちも自然と変わっていったといとこも言っておりましたので、もしご興味があればぜひ!!!!



人気blogランキング
お気に召したらで構いませんので、クリックして下さったら嬉しいです☆
[PR]
by drop-flower | 2006-10-08 23:52 | 日々徒然