ひとつに留まれない私の日々やフラワーエッセンスのこと


by drop-flower

女性性

女性性に関するエッセンスをしばらく飲んでおりますが、とても興味深いことが静かに起こっています。

元々、女性性に関して悩むということは殆どありませんでしたし、女性性の癒し・開放は毎回なにかの二次的効果として現れてきていました。
ですので、今回も飲み始めたとき、女性性に関して逼迫した状況ではなかったのですけれど、感情、肉体、周囲の変化は興味深いものでした。
そしてとてもおもしろいことに、今回受け取っているエッセンスの恩恵は、対峙しなくてはならないような男性的エネルギーではなく、とても女性的であり穏やかに沁みてきております。


女性性に関するエッセンスは、数種類組み合わせて飲んでおり、全てが一つのエネルギーとなって影響を与えてくれましたが、核となったのはFESのポメグラネイトだと感じています。

ポメグラネイト
<調和時の性質>
温かく女性的な創造力。家庭または社会の中で、積極的に何かを生み出し育むことができる。
<調和が乱れたパターン>
女性的創造力の焦点があいまいか、混乱した状態。とくに仕事と家庭、創造的活動と妊娠・出産、あるいは個人と目標の間に葛藤を感じる。
【参考:フラワーエッセンスレパートリー】

2つばかり何が起こっていたかをお話させて頂こうかと思います。

一つめは我家のグッピーのお話です。
我家にはオス・メス1匹ずつのグッピーがいました。
お店の方がもうすぐ産みそうなメスグッピーを選んで下さったのですが、半年以上も大きなお腹のまま子を産まずにいました。
生殖能力がないのかと諦めてかけていたところ、私が女性性のエッセンスを飲み始めた後、なんと立て続けに2回も子グッピーを産んだのです。
そして役割をやっと果たせたのか、その1週間後くらいに旅立ってゆきました。

子宮を労わっていなかった私の状態を反映させていたのでしょうか。
小さな小さな体の中で私の内と同じようなことが起こっていたのかもしれません。
ですので、私がエッセンスを飲んだことで、きっと私の体の中で詰まっていたものが流れ出し、それを反映するかのように母グッピーにも影響が出たのだと思います。
とても小さな体ですし、動物には効果が現れやすいので、私がまだまだ取り組んでゆかねばならないことも、数週間で解決できてしまったのだと感じております。


二つめは、女性としての心の変化です。
暖かくなると、大抵家の中では過ごしやすいワンピースばかりを着ているのですが、気分を変えてパンツをはこうとした時、何故かとても違和感を感じたのです。
家の中では女性として楽しみたいと数ヶ月前から感じており、その家の中で男性と同じようなパンツをはくことに心の抵抗がありました。

他にもこんな事がありました。
あるショップで洋服を見ていたときに、とてもかわいらしい、けれどもどちらかと言うと男性的なポロシャツに目が留まったのですけれど、ここでも、それを纏うことはどうしても自分の中で女性的な部分が排除されそうで、かわいくても買うまでには至りませんでした。

今の時代、パンツをはいているからと言って、男っぽいということは全くありません。
どんなに男性色が強いシャツを着ていても、女らしい雰囲気を漂わせている素敵な方々も多くいらっしゃいます。
ですから男性的なファッションを否定する訳ではありませんが、私の心の内では、女性に生まれたのだから女性としての外見からをも楽しみたい感情が静かにうごめいてきていたのです。
とても些細なことに見えるでしょうけれど、どちらかと言えば男性性が強く表現されるような格好を好んできていた私には、とても大きな心の変化でありました。


ここ6年ほど女性性の癒し・開放がなされてきましたが、やっと女性であることに心地良さを感じられるようなスタートを切った気がしております。


どんな部分にエッセンスの影響が現れてくるのか、毎回未知ではあるのですけれど、確実に響いてきているのだと、これも毎回の事ながら思うことでもあります。



人気blogランキング
お気に召したらで構いませんので、クリックして下さったら嬉しいです☆
[PR]
by drop-flower | 2006-07-17 23:19 | フラワーエッセンス