ひとつに留まれない私の日々やフラワーエッセンスのこと


by drop-flower

蚊取線香

f0017368_23482641.jpg
この季節、道を歩いていますと、どこからか蚊取線香の香りがただよってくることがあります。
この懐かしいにおいが、小さい頃の夏を彷彿とさせ、一瞬ではありますけれど幸せな気分に満たされます。

毎年夏になると、母の親戚総出で海への旅行へ行っておりました。
午前中は皆で海へ行き、お昼を食べ終わった後は民宿へ戻り、それぞれ昼寝をしたり麻雀をしたり、海へまた行ったりと各々好きなことをして過ごしていました。
民宿の裏に立つ木々の間からはうるさいほどのせみの声が聞こえ、扇風機の風と蚊取り線香のにおいを感じながら、たたみの上でごろんと昼寝をしていた記憶が蘇ってまいります。
まだ母や母の兄二人、祖父、従兄の奥さん、皆がこの世にいた頃のことです。
死が身近になどなく、皆の暖かさが子供の私にはとても心地良く、私の「安全」な世界はいつもそこが源となっているような気がします。


蚊取線香の香りを我家でも漂わせたく、小さなミニ蚊取り線香を買ってきました。
タイで買ってきた象のキャンドルホルダーにぴたりとはまり、雰囲気までもがぴたりとはまっております!!
小さな頃の幸せな記憶に心満たされ、そして「安全」な世界が心に広がっていくようです。



人気blogランキング
お気に召したらで構いませんので、クリックして下さったら嬉しいです☆
[PR]
by drop-flower | 2006-07-14 00:16 | 日々徒然