ひとつに留まれない私の日々やフラワーエッセンスのこと


by drop-flower

夢ノート

昨日の新月を迎えるにあたり、友人たちにも夢のリストアップを薦めてみましたが、何人からか質問がありましたので、『夢ノート』についてお話をしたいと思います。

夢ノート、夢の宝地図、夢実現への手帳、夢マップ、幸せノートなど、呼び名は様々ですが、最近では、夢実現のために、書き出していく方法を紹介する本が多く出版されています。
(このブログでは、私が良く使っている『夢ノート』という呼び名を使わせて頂きます。)

叶えたい夢がある時、信じていればそれはきっと叶う時期がくるものだと信じておりますが、『夢ノート』を作るだけで、現実化が早くなると言われています。

それは、頭の中で漠然と思い描いているものを、書くという作業によって明確にしますと、目標に向かっていきやすくなりますし、叶えたいという意思が込められていますので、それらを引き寄せる大きなパワーが内に宿るものだと感じております。

また潜在意識にそれらをインプットすることで、潜在意識がそのような状況を作りだそうとすることも、現実化が早くなる理由ではないかと思います。


さて、夢ノートの作り方ですけれど、これは色々な方がそれぞれの方法を紹介していらっしゃいますが、実際にはどの方法でも良いと思います。
大切なのは、『自分が楽しめること』だと感じております。
しかし、初めて作る時には、どなたかの方法を手本にすると作りやすいと思います。

一番簡単なのは、『叶えたいことを紙にリストアップしていく』方法です。

これはいつでも思いついた時に書いても、新月の時に書いても、いつでも良いのですが、新月の時の方が叶いやすいようです。

リストアップする数も、10個以内と友人たちには伝えましたが、書き出したいだけ書き出しても構わないと思っております。

この書いた紙は、常に携帯してもいいですし、お部屋に貼ってもいいですし、どこかにしまっておいても大丈夫です。

書き方ですが、色々な言われ方がありますけれど、これも自分が書きたいように書いたらいいと思います。
「~が欲しい」、「~のようになりたい」といった風に書きますと、「欲しい」、「なりたい」と願う自分になってしまうとおっしゃっる方がいますが、さほど神経質にならなくてもいいかもしれません。
「~を手に入れた」、「~なった」と完了形で書く方が自分に合っていると思いましたら、そのようにしたらいいと思いますし、「~が欲しい」と書いた方が楽しくなるのでしたら、そちらでいいと思います。

私もこの事にはこだわっていたのですが、エッセイストの中山庸子さんが「~になりたい」という風に書いていると知り、神経質になりすぎなくても叶うものであると知りました。

もう一つ、書くときには、「~のようになりませんように」というよりは、「~になりますように」といった表現の方が、「ならないように」という不安感がそこに反映されないと思いますので、これも頭の片隅にでも置いて頂くといいかもしれません。

この夢リストは自分が叶えるものですので、他人を操作するような内容は控えた方がいいと思いますが、「○○さんに会いたい」など自分から行動すれば叶えられそうなものはいいのではないかと思います。

夢のリストアップは、PC上で打ち込むのも叶わなくはないようです。
自分の手で書いた方がいい、と言われていますが、叶えている方々がいらっしゃいますので、一概に手書きでなくてはダメということはなさそうです。

夢ノートを作った時には、詳細までを書くといいと言われています。
例としましては、「~月までに~へ行きたい」など、期限の設定をしたり、欲しいものなら値段設定などをしてみるなど。

途中で夢が変わることがありますが、こちらはその都度修正していけば構いません。
私の場合は、欲しくなくなった夢には、シールを貼って夢を終了させております。
また、叶った時にも同じようにシールを貼っています。


リストアップ以外にも、マップ、宝地図というものがありますが、これは叶えたい夢に近い写真を切り抜いて貼っていくものです。
こちらの方が、視覚的に明確になりやすいので、薦めている方が大勢いらっしゃいますし、作業自体もとても楽しくできますので、私もこれはお薦めしたいと思います。

これも作り方は様々で、大きな紙の真ん中に自分の顔写真を貼り、住みたい家の写真や欲しいものの写真、なりたい人物像などの写真を回りに貼っていく方法もありますし、叶えたい夢に近い写真をただノートに貼っていくだけの方法もあります。
言葉を入れ込んでも、絵を書いていくのも、また楽しんで作業を進めることができます。

宝の地図は目につくところに貼っておいた方が効果的なようですが、恥ずかしくて人に見せたくない時は大事にしまっておいても、夢が叶わないということはありません。


最後に、叶わない夢もある場合があります。
それは単純に叶えるプロセスにいるため、叶っていないように見えている場合もありますし、叶えたいけれど、叶わなくても困らないと潜在意識では思っていることもあります。
時間がかかるものもあるかもしれませんが、諦めてしまいましたら、夢はそこで終わりを告げてしまいます。
本当に叶えたい事でしたら、叶うまで信じてみて下さいね。

* * * * *

色々な方法がありますが、自分流にやっていくのが一番良い方法だと思います。
ただどのようにしたらいいか分からないときには、有名な方々の本を参考にしてみるといいでしょう。
個人的には、中山庸子さんが紹介しているスタイルが、一番私にはストレスのかからない方法でした。
その他にも、望月俊孝さんの『幸せな宝地図であなたの夢がかなう』も有名です。

* * * * *

私は普段、とても小さいノートを持ち歩き、思い立ったら書けるようにしています。
それを他のノートに種類別に分類していくこともあります。
また、叶えたい夢に近い写真の切り抜きを落書き帳に貼ったりと、夢ノートを1冊にはまとめず、自由に作っています。
これも中山庸子さんのアイデアです。

大切なのは、楽しむことだと思いますので、型に囚われず、試行錯誤を繰り返して、自分の好きなように『夢ノート』作りに励んでみて下さい。

* * * * *

大分前に、「ミシンが欲しい」と夢ノートには書いたものの、中々叶わず「夢ノートってそんな効力ないじゃん」と思ってはいましたが、実家に使われていないミシンがあるのを思い出し、それを父に送ってもらいました。
「無駄使いをしない」という夢も書いておりましたので、ミシンも手に入れ、無駄にお買い物することもなく、一度に2つの夢が叶いました。
その時には夢ノート効果の大きさを実感しました。
今も色々な夢が着々と進行中です!!!


人気blogランキング
お気に召したらで構いませんので、クリックして下さったら嬉しいです☆
[PR]
by drop-flower | 2006-03-31 01:28 | 日々徒然